婦人

美しさは美白から|日頃のケア次第でキープできる

白くて透明な美肌に

ドクターとナース

肌を美しくするために

肌にコンプレックスがある人は少なくありません。肌の色が黒かったり、シミがあったりするとなかなか普段のお手入れだけでは改善できません。メイクで隠しても不自然になってしまう場合もあります。顔だけでなく、全身美白に、しかも美肌になれたらいいですよね。そんな綺麗な肌を手に入れるためには、美容外科に通って美容整形としての治療を受ける方法があります。美容整形では、肌の色を白くするための美白点滴や美白注射、レーザー治療や光治療などを行うことができます。病気でなくても美白点滴や注射を行うことで、とても綺麗な肌を簡単に手に入れることができます。注射はもちろん、点滴であっても20分程度のものなのでそれほど時間がかかりません。しかし、場合によっては献血が一定期間できなくなることや、思わぬ副作用を招いてしまうので注意が必要です。また、美容整形としてレーザー治療や光治療を行うことができます。レーザー治療や光治療では比較的短期間での効果が望めます。しかし、痛みがあることや、費用が高く掛かってしまうこともあります。どちらも注意する点もありますが、施術することでしっかりと効果を実感することができます。どの程度美白になりたいか、経済的にはどの位までなら大丈夫かによって治療方法の選択は変わってきます。そのため、医師との相談を丁寧に行うことが大切です。また、レーザー治療を行う場合は、希望する施術の内容が、受診する美容外科の設備でできるかを確認しておく必要があります。これらに留意して、綺麗な透明肌を手に入れましょう。

施術の特徴と魅力

美白注射や点滴では、各種ビタミンやプラセンタ、ミネラル、シミに効くトラネキサム酸など美肌に特化してブレンドされた成分を注入します。中でも、高濃度のビタミンは内服薬では摂取することが難しいものです。しかし、点滴や注射では直接注入するので全身に行き渡らせることが可能です。さらに、血管に直接注入することで、成分が胃や腸などの消化管を経由しません。そのため高濃度のままの成分が全身に行き渡ります。結果として、内服薬よりも効果がはっきりと出てくれるのです。この美白点滴や注射は1〜2週間に1度行うのが理想的です。これくらいの頻度であると目に見えて効果が発揮されるようです。美容整形でのレーザー治療や光治療は一般的に黒い色素に反応して熱を生み出します。この生み出された熱がメラニンを破壊してくれて、シミやアザなどを消します。レーザー治療によって一時的に肌がダメージを受けてしまうのでカサブタが出来てしまう場合があります。しかし、アフターケアをしっかり行うことで綺麗な肌を手に入れることができます。 重要なアフターケアですが、サポートを行ってくれる美容外科も多いです。シミなどを消すと肌の印象がとても明るくなります。この治療は比較的短期間での効果が見込めるようです。このように美容外科での治療はそれぞれに特徴があります。普段のお手入れよりも効果が実感でき、自分にあった治療を選択できるのでオススメです。美容整形としての治療を上手く活用して美しくて白い肌を手に入れましょう。